Sample Banking Project for POPs Monitoring
■研究成果(2004年以降)

 これまでに生体試料バンクに保管されている試料を用いて、化学物質による汚染を明らかにしてきました。特に最近の研究成果を載せています。少しずつ解説も掲載していく予定です。 
注意: これらの研究は一般的な日本人の体内濃度を調査する目的で実施されたものです。母乳中の化学物質を測定していますが、乳児への危険性を示すような事例ではありません。母乳育児が優れていることは多くの研究で示されており、化学物質が含まれていることで過度に避ける必要はないと考えております。

●原著論文

Niisoe T et al. A global transport model of lead in the atmosphere
Atmos Environ. Accepted 7 Jan; 44(14): 1806-1814, 2010 doi: 10.1016/j.atmosenv.2010.01.001
大気中の鉛が東アジアでは中国から越境してくるものが多いこと、そして空気を介して我々の血液中に蓄積していることをシミュレーションしました。

Harada KH et al. Levels of perfluorooctane sulfonate and perfluorooctanoic acid in female serum samples from Japan in 2008, Korea in 1994-2008 and Vietnam in 2007-2008
Chemosphere. Accepted 18 Jan, 79(3):314-319, 2010 doi: 10.1016/j.chemosphere.2010.01.027
近年、残留性有機汚染物質として注目されているペルフルオロオクタン酸、ペルフルオロオクタンスルホン酸の血清中濃度を、日本、韓国、ベトナムの成人女性について調査しました。米国3M社による製造廃止2002年以降、ペルフルオロオクタンスルホン酸は大きく減少してきていますが、ペルフルオロオクタン酸は変化は見られませんでした。また韓国ではペルフルオロオクタン酸がまだ増加していました。

Haraguchi K et al. Levels and regional trend of persistent organochlorines and polybrominated diphenyl ethers in Asian breast milk demonstrated POPs signatures unique to individual countries
Environ Int. Accepted 8 June, 35(7):1072-1079, 2009 doi: 10.1016/j.envint.2009.06.003
日本、韓国、中国、ベトナムの授乳婦の母乳中の残留性有機汚染物質を調査しました。日本ではかつてに比べて、POPsは減少してきましたが、中国、ベトナムではDDTやヘキサクロロベンゼンなどの汚染が大きく、近年までDDTなどを使用してきたことが原因ではないかと考えられています。

Koizumi A et al. Paradoxical Increases in Serum Levels of Highly Chlorinated PCBs in Aged Women in Clear Contrast to Robust Decreases in Dietary Intakes from 1980 to 2003 in Japan
Environ. Health Prev Med. Accepted 26 Apr, available online 28 May, 14(4):235-246, 2009 doi: 10.1007/s12199-009-0089-6
日本で1970年代に使用禁止になったPCB類を食事、血液で調査しました。1980年代、90年代、2000年代で比較したところ、食事中濃度は半分以下になってきましたが、まだ血液中濃度は変化は少ない結果となりました。また蓄積性の高い高塩素化PCBの割合はむしろ増加し、影響が長く続いていることが示唆されました。

Karrman, A., Harada, K.H., Inoue, K., Takasuga, T., Ohi, E., Koizumi, A., 2009. Analysis of Perfluorochemicals (PFCs) in diet duplicates and serum from Japan.
Environ Int. 35(4): 712-717, 2009 doi:10.1016/j.envint.2009.01.010
有機フッ素化合物ペルフルオロオクタン酸、ペルフルオロオクタンスルホン酸の食事中濃度を調査しました。いずれも成人で100ng程度を摂取していることが分かりました。しかし、汚染が強いと考えられる大阪と比較的汚染が少ない東北地方の間で差は少なく、大阪では他の摂取源が考えられました。

Harada, K., Koizumi, A., Saito, N., Inoue, K., Yoshinaga, T., Date, C., Fujii, S., Hachiya, N., Hirosawa, I., Koda, S., Kusaka, Y., Murata, K., Omae, K., Shimbo, S., Takenaka, K., Takeshita, T., Todoriki, H., Wada, Y., Watanabe, T., Ikeda, M., 2007. Historical and geographical aspects of the increasing perfluorooctanoate and perfluorooctane sulfonate contamination in human serum in Japan. Chemosphere 66, 293-301.
試料バンクに保存されている1980年代、90年代の血清を用いて、有機フッ素化合物の変遷を調査しました。1990年代にはペルフルオロオクタンスルホン酸は一定になりましたが、ペルフルオロオクタン酸はこの20年間で4倍以上の増加を見せており、フッ素樹脂の製造量の増加に近いトレンドを見せました。

Inoue, K., Harada, K., Takenaka, K., Uehara, S., Kono, M., Shimizu, T., Takasuga, T., Senthilkumar, K., Yamashita, F., Koizumi, A., 2006. Levels and concentration ratios of polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in serum and breast milk in Japanese mothers. Environ Health Perspect 114, 1179-1185.
難燃剤に使われるポリ臭素化ジフェニルエーテルについて母乳と血清を調査しました。血液と母乳で見られる化学物質は大きく異なり、10臭素化体DeBDEは血液ではもっとも多いのですが、母乳には少ないことが分かりました。このような血液から母乳に分泌されるパターンを明らかにし、乳児に入りやすい物質を予測することが期待されます。

Eslami, B., Koizumi, A., Ohta, S., Inoue, K., Aozasa, O., Harada, K., Yoshinaga, T., Date, C., Fujii, S., Fujimine, Y., Hachiya, N., Hirosawa, I., Koda, S., Kusaka, Y., Murata, K., Nakatsuka, H., Omae, K., Saito, N., Shimbo, S., Takenaka, K., Takeshita, T., Todoriki, H., Wada, Y., Watanabe, T., Ikeda, M., 2006. Large-scale evaluation of the current level of polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) in breast milk from 13 regions of Japan. Chemosphere 63, 554-561.

Koizumi, A., Yoshinaga, T., Harada, K., Inoue, K., Morikawa, A., Muroi, J., Inoue, S., Eslami, B., Fujii, S., Fujimine, Y., Hachiya, N., Koda, S., Kusaka, Y., Murata, K., Nakatsuka, H., Omae, K., Saito, N., Shimbo, S., Takenaka, K., Takeshita, T., Todoriki, H., Wada, Y., Watanabe, T., Ikeda, M., 2005. Assessment of human exposure to polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in Japan using archived samples from the early 1980s and mid-1990s. Environ Res 99, 31-39.

Wada, Y., Koizumi, A., Yoshinaga, T., Harada, K., Inoue, K., Morikawa, A., Muroi, J., Inoue, S., Eslami, B., Hirosawa, I., Hirosawa, A., Fujii, S., Fujimine, Y., Hachiya, N., Koda, S., Kusaka, Y., Murata, K., Nakatsuka, H., Omae, K., Saito, N., Shimbo, S., Takenaka, K., Takeshita, T., Todoriki, H., Watanabe, T., Ikeda, M., 2005. Secular trends and geographical variations in the dietary intake of polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) using archived samples from the early 1980s and mid 1990s in Japan. J Occup Health 47, 236-241.

Harada, K., Saito, N., Inoue, K., Yoshinaga, T., Watanabe, T., Sasaki, S., Kamiyama, S., Koizumi, A., 2004. The influence of time, sex and geographic factors on levels of perfluorooctane sulfonate and perfluorooctanoate in human serum over the last 25 years. J Occup Health 46, 141-147.


●学会発表

・日本生態学会第56回全国大会 (2009年3月 盛岡)
ヒトの血清における炭素・窒素安定同位体比およびメチル水銀濃度と魚介類摂取量との関係
中下留美子、鈴木彌生子、一宮孝博、原田浩二、蜂谷紀之、小泉昭夫、伊永隆史

・第27回ダイオキシン国際学会(2007年9月 東京)
Natural persistent organohalogens in breast milk from Japan.
Haraguchi K, Hisamichi Y, Nishimura E, Endo T

・第14回 日本環境化学会討論会(2005年6月15-17日 大阪国際交流センター)
血液少量化分析法による健常人PCB主要異性体の分析
 平井哲也、藤峰慶徳、渡部俊吉、小泉昭夫

・第75回 日本衛生学会総会(2005年3月27-30日 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター)
保存血液・食事試料を用いた1979年から1997年のメチル水銀曝露量の推定
蜂谷紀之、中野篤浩、安武章、小泉昭夫

難分解性化学物質を対象とした生体試料バンクの創設に関する研究
吉永侃夫、原田浩二、井上佳代子、森川亜紀子、Eslami Bita、井上純子、湯木知史、ヒト生体試料バンク研究班グループ、小泉昭夫
・第44回 近畿産業衛生学会
難分解性化学物質を対象とした生体試料バンクの創設に関する研究
吉永侃夫、原田浩二、井上佳代子、森川亜紀子、Eslami Bita、井上純子、新保慎一郎、池田正之、小泉昭夫

・米国トキシコロジー学会(Society of Toxicology) 第43回年次総会(2004年3月21-25日 メリーランド州ボルチモア)
Establishment of the public sample bank to monitor a long-term trend of human exposure to persistent organic pollutants (Pops).
Kayoko Inoue, Koizumi Akio, Yoshinaga Takeo, Harada Kouji, Saito Norimitu.

A long-term trend of serum levels of perfluorooctane sulfonate (PFOS) and perfluorooctanoate (PFOA) in Japanese.
Kouji Harada, Koizumi Akio, Yoshinaga Takeo, Inoue Kayoko, Saito Norimitu.

[戻る]